No6:発的に日本酒に手を出した話

もうすぐ8月も終わりですね.
なんだかんだ,今年の夏はそこまで暑くなかったなと思います.

まあ季節はどんどんずれてきていますから.まだまだ暑さは続くんでしょうが.

超汗っかきの私としては,とっとと過ぎ去って欲しいところです.

そう言えば,二十歳超えて初めて”夏太り”というものを経験しました.
(というか,絶賛夏太り中です)

今まで私のBMI値は”痩せすぎ”か”痩せている”だったんですけど,大学生になってから初めて標準になりました.
で現在,身長179cmの体重65kgです.
BMIにして約20.標準です.

3月の時点では60kgだっったんですが就活のストレスで痩せ,その反動で上昇傾向になり,至る現在です.

私はどうもストレスと言うものを感じにくいようで,今までこんなことは無かったので驚いています.
(だいたいすぐ逃げるからです)

まあ私の身長だと健康体重は70kgだそうなので,今のところあまり気にしていません.
見るからに体型が変わったわけじゃありませんから.

話は変わって,先日初めて自分から日本酒を飲みました.

きっかけは,実家でもやしもんを全巻読破し,アニメ版を見たことですね.

菌やら発酵やらが詳しく紹介されている漫画なのですが,当然お酒の話もあるわけです.
日本酒が作られる工程について知って,飲んでみたくなったという感じです.

別に飲んだことが無いわけじゃないのです.
苦手なだけで.
ついでに言うと,去年行ったインターン先のチャラい社員の方に無理矢理飲まされたとか,いい思い出がないのもありますね.

ですが折角興味を持った対象なのだからと,コンビニで適当に買って飲んでみました.

賀茂鶴 氷点貯蔵 生囲い”というのを買いました.

正直酒蔵に関して知識がほぼゼロなので,本当に目についたから買ったようなものです.

開けて匂いを嗅いでみると,私の中の「これぞ日本酒の匂い」と完全一致.
口に入ると”甘い”から”辛い”に徐々に変わっていきました.

この味が変わっていく感じが不思議なんですよね.

飲み込んだあとに鼻で息をした際に,匂いが上がってくる感じがいいです.

思っていたよりも美味しく頂けました.
「苦っ!!」とかなると思っていたので…

とは言えまだ多めに飲むと苦さが勝つので,ちびちび飲むようにしましたが.

そう言えば日本酒は,何に入れて飲むかで味が変わるという話を聞いたことがあります.
一度升で飲んでみようかなと思いました.