What do I want to do ?

私は何がしたいのか

No64:赤いきつねの新しい仲間

何気なくコンビニへ入店.
カップ麺の所でふと気になるものを発見しました.

鴨だしきつねうどん
www.maruchan.co.jp

実は私,カップ麺の中では赤いきつねがダントツで好きです.
赤いきつねの出汁ならアイスバケツチャレンジしてもいいです.嘘です.

で,そんな赤いきつねに新味が.
買うしかねないと即購入しました.
(ちなみに写真は撮り忘れた…)

通常の赤いきつねには,粉末スープが一袋入っているだけです.
しかし鴨だしの方は,粉末スープの他に液体スープが入っていました.
これが鴨だしということなのでしょう.

入れてみると,匂いが甘く香ばしい.
鴨って食べた記憶がないのですが,こんなに甘い匂いなんでしょうか.

そして,匂いと同じくスープも甘い.
更に,炙られているかのように香ばしい.

とても美味しいのですが,私は甘いうどんはあまり好きではないのです.
ですので通常の赤いきつねの方が好きなのですが,これはこれでという感じです.

あまい出汁が好きという方が気に入るんじゃないでしょうか.

No63:芸術について

今日,というよりさっき,呟いたツイート.


呟いた後で記事化しようと思い立ちました.

芸術とは30%の努力と70%の見た人の勝手な解釈で成り立つ

どこかの発明王の真似をして言ってみましたが,これって大体合ってるなあと思う出来事がありました.
f:id:sbgMahiro:20180114164924j:plain
私の友人に,この写真を見せたのです.
年明けに買ったヘッドホンなのですが,真面目に書く方用にキレイな写真を用意しようと撮ったものです.

 私「これ見て〜」
友人「かっこいいな」
 私「ちゃんと後ろに黒い紙建てて云々…」
友人「こだわるな.ちゃんと机の木目もヘッドホンと垂直になるようにして云々…」
 私(いや,そんなことしてない…)

とまあ,こんな会話があったわけです.

私がこの写真を撮るに当たって気をつけたのは,ホワイトバランスと余計なものが写り込まないように気を配った程度です.
そこに,友人が勝手に木目という要素を追加して,一段階いい写真に引き上げてくれたのです.

こう,ピカソだから素晴らしいとか.ダヴィンチだから美しいとか.
それに似たようなものを感じます.

結局の所,作り手の意思は特に意味がなく,見た人が勝手に価値をどんどん付けていくのです.

そう言えば中学生の頃は美術の先生が大っ嫌いでしたね.
自分がいいと思うものを作って(描いて)いるのにまるで評価されないので.
センスの違いとか,価値観の違いとか.そんなことです.

学校という空間でその手のことをしたいなら成績なんて付けないほうがいいと思います.
提出すれば5,未提出なら1の2極でいいんじゃないですかね.
美術なんか学ばなきゃいけないものでもないですし.やりたいようにやるのが一番な気がします.

やっぱり,芸術家と呼ばれる人とは仲良くなれる気がまるでしないなあ…

No62:白い髭

二十歳超えた辺りから,ほっぺ毛が生えるようになりました.
産毛なら生えていても自然ですが,私の言うほっぺ毛は本気の毛です.

念のため言っておきますと,私はヒト科の雄です.

なので髭の延長なのでしょうが,生えている場所が完全に頬です.
なのでほっぺ毛.
このイントネーションがオッペケペーに似ていて気に入ってたりします.

で今日,ふと顔を触った時に,またそのほっぺ毛が生えているのを発見しました.
見つけたら抜くようにしているので,いつものごとく毛抜きで抜きました.

鏡でその毛を見ると,白い…
たまに白い髭は見つけますが,白いほっぺ毛は初めてでした.
(なんら違いはないのですが)

迷うことなく抜きました.
すると,身体に入っていた部分(毛根側)が黒い…

白髪って普通,毛根から白いはず…
なんで逆?

調べてみると,生え始めに着色しなかったが途中から何かのはずみで着色した毛らしいです.
なので別にあって問題のある毛ではないようです.

人体の不思議ということで.

No61:コートチェンジ

まじめに書く方の記事を更新しました.
取り敢えずJavaのプログラムに関して2件ほど.

まあ特に価値もないコードを載っけただけですから…
Qiitaにでも投稿しろって感じの内容です.

とは言え,良ければ見てくだしあ.



上着を買い替えました.
つまるところコートチェンジです.←違う
www.uniqlo.com
UNIQLOのダウンコートです.
手軽ですし,スーツの上にも着れますし,と言う感じです.

ロングコートですがかなり軽く,暖かいです.

以前使っていたものは,超絶重たいものでした.
当時は重い服が好きだったのです.

新品の匂いと言うのはなんでも独特なのですが,こいつは大福餅みたいな甘い匂いを纏っていました.

微妙な点は,ポケットが少ないことくらいでしょうか.
外側に2つ,内側に4つくらいあります.

前のものは,数えたことがないのですが,財布,スマホ,鍵の他に,入れようと思えば文庫本が5冊くらい平気で入ります.
多分新書も入るんじゃなかろうか…
着るカバンと言う表現が似合う愉快な奴でした(笑)

なので使い勝手はかなり変わりますね.
ですがまあ,慣れるでしょう.

まだまだ寒い日が続くと思われます.
新たな相棒との冬生活.

No60:引いたらその時はその時

今週のお題「体調管理」
と言うわけで,今回は風邪予防について書こうかと思います.

私が常日頃実践している方法は,こまめに水分を摂るだけです.

これだけで年中風邪を引くことはないです.

一応,ちゃんと根拠があるそうで.
ホンマでっかTVでやっていたのをぼんやり覚えているだけなのですが.

菌が喉にたどり着いてから定着するまでの時間はおおよそ15分だそうです.
その前に水を飲んで喉を洗い流してしまえば,菌は胃袋に落ちて死んでしまいます.

流石に15分スパンで水分補給はしませんが,1時間おきくらいには飲んでいます.
と言うより,普通に喉が渇く…

一時期糖尿なんじゃ?と疑ったこともありますが,どうもそういうもののようでした.

ちなみにマスクは一年を通してほとんどしません.
春先に咳喘息を患うので,その時は流石にしますが.
それ以外は全くしません.

眼鏡ですし.
顔が暖められて熱があるときのような状態になるので.

まあ風邪なんてのは引いたら引いたでしょうがないものです.